無添加ファンデーションのカバー力

無添加ファンデーション,カバー力

 

無添加ファンデーションは お肌に刺激になりやすい成分を できるだけ無添加にしてつくられています。

 

お肌に優しい分、カバー力はイマイチなのでは?

 

そう思う方もいるかもしれませんね。

 

確かに無添加ファンデーションは タール系の色素などが無添加のものが多いため、ファンデーションとしてのカバー力はどれほどなのか?と疑問に思う方も多いようです。

 

 

ですが、無添加ファンデーションは シミやくすみといったお肌のトラブルをカバーしやすいことで知られています。

 

 

これはどういうことでしょうか。

 

ランキングなどで人気のある無添加ファンデーションは、超微粒子を配合してあります。

 

この超微粒子が 光を反射、拡散させてくれますので しみやシワなどが目立ちにくくなるっているのです。

 

添加物によるのではなく、この微粒子の反射でしっかりカバーしてくれるので、お肌に負担にならない

 

ただし、無添加ファンデーションのリキッドタイプの場合、ツヤ感や透明感をキープしながらカバーするという形になります。

 

もしマットなカバー力がお好みということでしたら、パウダーファンデーションタイプの無添加ファンデーションを使うか、リキッドタイプの上から仕上げ用パウダーをつけるなどの工夫が必要です。

 

 

シミやニキビ跡のカバーにはコンシーラーも

 

無添加ファンデーション,カバー力

 

シミやニキビ跡をピンポイントでしっかりカバーしたいという方は、お肌全体をカバーするよりもピンポイントでカバーするという方法がおすすめです。

 

そのためにはコンシーラーを利用してみましょう。

 

コンシーラーですが、無添加ファンデーションのメーカーで発売している場合もあれば、無い場合もあります。

 

もし 気に入っている無添加ファンデーションで コンシーラーが発売されていなくても上手にピンポイントでカバーする方法があります。

 

無添加仕様のフェイスパウダー少量と リキッドタイプの無添加ファンデーション少量を軽く混ぜます。

 

これをコンシーラー代わりにお肌に軽くのせます。

 

その上からいつも通りに無添加ファンデーションでメイク。

 

これで かなりシミなどがカバーできます。

 

カバー力がより実感しやすい無添加ファンデーションを厚めに塗ってしまうという方もいますが、お肌の透明感などが得にくくなり、さらにメイクが崩れやすくなりますので このようなピンポイントでのケアがおすすめです。